湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

真央さん

浅田真央さんが大好きだ。

 

15歳でデビューをしてから、今までずっと、大好きだ。

楽しそうにスケートをする。笑顔。そう、15歳の、あの笑顔に最初は惹かれた。

 

そして、スランプ他、大変なことを経験しながらも、「自分が望む演技」のために努力を重ねる

真央さんのことを、ずっとすごいと思っていた。うまく行かない時期も、必ず演技を見続けた。

うまくいかない時期に、たくさんの人の前に立ち続ける姿を見て、惹かれた気持ちは、

とても深い尊敬へと変化していった。そして次第に演技を見ると、自分を背筋が伸びるような、

そんな感覚を持つようになった。

実際に会った事が無い人に対して、このような感情を持つのは、真央さんが初めてだった。

 

真央さんは、「自分が望む演技」をするために、どれだけの時間、どれだけの努力を重ねて

きたのだろう。

 

努力をしても、採点競技故の、風通しの悪さで、どこにもぶつけようのない気持ちを抱えたことも

数え切れないほど、有っただろう。

 

そして迎えたソチ五輪

 

ソチ五輪の真央さんの演技、真央さんの名前を叫びながら涙しながら見た。

積み重ねた時間、苦悩や喜び全て、それがフリー演技が終わった瞬間の涙と笑顔に

凝縮されていた。

これだけ多くの人が生きている中で、あの瞬間の真央さんのような「笑顔」を出せる人がどれだけいるのだろう。言葉にならない、素晴らしいでは片付けられない、真央さんの表情だった。

 

今後の選手生活は、真央さんが自分のしたいように、決めてください。

もちろん、ファンとしては続けて欲しい気持ちはあるけれど、いろいろな事情もあるだろうけど、

真央さんが決めたことは、受け入れます。

 

真央さんのスケートをありがとう。

広告を非表示にする