湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

号泣だけじゃない

フィギュアスケート競技から引退した織田さん。

現役最後のシーズンに、「号泣」シーンがメディアで取り上げられたことも

一つのきっかけとなり、このところ、バラエティ番組での出演が目立ちます。

 

「バラエティに立て続けに出てる場合じゃない」

「注目されるのは・・・表に出たくない」

と、本人がネタにするほどの活躍。

 

何年もかけて、全日本で優勝を勝ち取った鈴木選手の演技を見て

すばらしい演技に「号泣」

 

ソチオリンピックに出場した選手にエールを送ったり、

演技を見ながら「号泣」

 

相手のために泣けるというか、何より一人よがりではない涙だからこそ、

観る側に印象を残すのではないでしょうか。

 

当然の事ながら、織田さんの魅力は「号泣」だけではありません。

(もちろん演技もすごいんですが、今回は触れません)

 

人の話を引き出すのがとてもうまい。

冗談を言いながら、相手をリラックスさせる術も持っている。

相手が困ると、自分のことを自虐的に使い、話しやすい雰囲気を作る。

話の展開に、意外性がある。

 

フィギュアスケートという世界で、長く第一線で活躍した選手は、

やはり持っているものが違う。その中でも、彼は、誰かと何かを共にをする力が

抜群だと感じます。

 

競技者としては、大切な場面で、巡り合わせの悪さなどが重なり、

華やかなスポットライトの頂点を踏めないことも多かった。

そんなとき、彼は「号泣」したこともありました。

 

でも、その経験も一つ一つ重ねたからこそ、今の織田さんの魅力が輝き、

どんどん人を惹きつけている。違う「号泣」を出来る人になった、

そんな気がしています。

 

あまり、立て続けにバラエティに出すぎて、本来の魅力が隠れませんように。

「号泣だけじゃない」織田さんの魅力を、とても大切に思う

いちファンからの願いです。

広告を非表示にする