湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

終わらない咳払い

5時間ほど、ある作業中、集中を途切れさせないように

細かいことと向き合っていた。実は時間に追われていて、

余裕が無い状態。

 

そんなとき、隣のPCに座った年配の男性が、ずーっと咳払いしてた。

最初は、「コホンコホン」

合間に、「カーッカッカッ」と全力で痰を切る音を発し、

続いて、「ウォッホンウォッホン」

時間の経過とともに、咳払いのあとに「アーッ」、とか「カーッ」

という、本人のいらだち混じりの声も加わる。

 

周囲は、大きな咳払いが聞こえても、誰も「大丈夫ですか?」と

声をかけない。

何か体の不調や事情があるかもしれないが、申し訳ないけれど

本人の日頃の行いです。

時計を見ると、咳払いが始まって2時間経過。

例えると、ろうそくの火が燃え尽きる前に「これでもか」と

灯りを放ち、力を振り絞り、炎の勢いを増すように、

PC作業を終わりが見えた年配男性の咳払いも、

最後の力を振り絞るかのように、ピークを迎えた。

 

そのすさまじい音は、とてもカタカナでは表現できない。

きっと当人も苦しかったと思う。

 でも、私も、つらかった。

 

(重ねて念を押すが、例えば、喘息や体調に事情がある人が咳払いするのを、

悪く言うつもりはない。)

 

以前、その人に、咳払い後の「大丈夫ですか」の声を求められ、

「大丈夫ですか」を言ってしまったことがある。苦しそうだったのだ。

そのあとの惨事は、二度と味わいたくない。

経験した誰もが、二度と言葉はかけられない。

 

そして、次回も咳払いは続く・・・

 

まいった!!

広告を非表示にする