湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

孫を思う気持ち

家族で営んでいる、パン屋さんの前を通った。
閉店間際。店番のおばあちゃんが、私の顔を見て、

手を振りながら近づいてきた。

「サンドイッチ買っていかない?」
今まで、そんなこと言われたこと無い。

人気店だから、閉店間際にサンドイッチが残っていることは、まれ。

話を聞くと、

・孫が早朝から焼いたパン
・明日から店は連休
・珍しく、結構な量が売れ残り
・孫が焼いたパンを捨てるのは、忍びない

 

「だから、半額で買ってくれない?」
だった。


はい。喜んで半額で購入。

おばあちゃんが、孫が焼いたパンを捨てたくない、

そう思っている気持ちが、とても感じられた。

温かい気持ちになった。

 

ただのセールスじゃない、誰かへの思いをきっかけに

我が家にやってきたパン。

大切にいただこう。

 

広告を非表示にする