湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

さまよう気持ち

久しぶりに会った若い女の子。
落ち込んでいたので、話を聞いた。

「聞いてください」真っ青な顔をして、目からは涙。

彼女は、ハンカチを握りしめながら、時折肩を震わせ話してくれた。

希望の就職試験に落ちてしまった。
絶対に受かる自信があった。
試験もできた。面接もこの上なかった。
力も出せた。
今まで試験に落ちた経験がない。
だから、絶対に受かると思って結果を待っていた。
なのに・・・どうしよう、もう先がない・・・
(来月、他社を受験予定)

ゆくゆく話を聞けば、結局一番の「涙」の理由は、
「落ちたことを、親にどう伝えたらよいかわからない」だった。
残念な結果を聞いて、親はどんな顔をするのだろう。
そう考えると怖い。。。怖くて仕方がない。彼女は再び涙を流した。

確かに親に伝えることは、一大事だと思う。
ただ、正直に書けば、就職を控える身として、
希望の試験に落ちて、「親に言いづらい」ことが
一番悲しいことというのに、私は違和感を感じてしまった。
(もちろん、いろいろな親子関係があるので、一概にはいえないのだが・・・)

結局は、自分で親に言うしかない。
最終的には、彼女も腹を決めて、親の待つ家へと帰って行った。
親の反応を心配し、複雑に入り組む「さまよう気持ち」は、顔に出たまま。

今回の経験をふまえ、試験に落ちたショックの大部分が、
親に不合格と言うことへの恐れではなく、
合格出来なかった自分に対する情けなさや、
自身の試験に対する振り返りへと変化したとき、
彼女の就職試験の結果に、変化が生まれるのではないかと感じた。

さまよう気持ちにしっかり向き合って。
朗報まつ!

広告を非表示にする