湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

孤独

甘えかもしれません。
でも、最近、特に今日は猛烈に「孤独」を感じてしまいます。
ちょっとずつ積み重なって、今日はもう誤魔化せない。

起き上がれない体調だと私が告げれば、
多くの人は「怠けている」、「大変そうだけど、どうにかならないの」、
体調が良い日に会うと「もう治ったの?」、「それならこの前
来られたのにね」、「まだ治らないんだ」となります。
何度「治らないんだ」と説明しても、すぐに忘れてしまいます。

首の骨を折って、脊髄を損傷し、多くの神経が潰れてしまった私は、
見た目は元気に見えます。でも、本当はたくさん困っている。
交通事故に巻き込まれて以来の苦しい症状ですが、加害者はもう事故のことなど
すっかり忘れて、結婚もして子どもも設け、裁判は当日すっぽかし、
何もなかったように日々を過ごしているようです。
加害者の無謀な運転で、一瞬で自分の体は変わってしまいました。
でも、無謀な運転をした張本人は、今もハンドルを握っています。
毎日私は困っています。でも、相手にはお咎めなし。考えても仕方ないけど、
悔しいです。

だからといって、「ワタシは、困っている!!」と毎日毎日苦しみばかりを
吐き出しても仕方ない。今の現状を抱えて、生きていこうと覚悟を持っている。
でも、ちょっといろいろ重なって、疲れたのです。

きっと、下手なんです。いろんなことが、へたくそ。
誰かに理解をしてもらうことはとっくの昔に諦めたはずなのに、
いくら望んでも動けないつらさは、一人で消化しないとダメだと何度も
言い聞かせているのに、心無い言葉には傷つくし、やっぱり寂しさを感じます。

この先、ずっと、働くことを望んでも「あなたには無理だね」、「治ってからね」
と言われたり、何かをやろうとすると「何かをやるとほかの誰かが忙しくなる」、
としかめっ面をされたり、「見た目でわからない障がいは、中途半端だよね」
と言われたり。

治らないといわれ続けて8年。必死でリハビリをしています。
現状を受け入れて、治らない自分を受け入れて生活するにも覚悟がいります。
でも、「なぜ、治らないと決めつける。後ろ向きすぎる」と非難を浴びます。

どうしたもんか。
誰かのいうことを気にしないスキルが必要なのだろうけど、
寂しさを感じたり、孤独感がハンパないときほど、他人の声が響いたり。
厳しい声ほど、逃げてはいけないと思いつつ、時には流したいと思ったり。

あああ、八方ふさがりです。
いろんなことに、ごめんなさい。
疲れたよ。 

広告を非表示にする