湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

作品に励まされる

季節の変わり目、体が動かず、療養の毎日。
元来動きたがりの自分にとっては、我慢の連続。

そんなとき、友人から薦められたアニメを見てみた。
とても感動した。

主人公は感情を持ってはならない仕事をしている。
仕事の時には感情を出さないように、
極力「合理的に」、「無駄なく」努める。
でも、だからこそ、削り取れない、譲れない感情が
彼の中に浮き上がってくる。
だからこその葛藤も見えてくる。

作品を見ていた私は、その誤魔かせない感情や
伴う葛藤に釘付け。共感もあって、作品を見るのを
途中で止められなくなった。
一気に結末まで見て感じたのは、主人公の文句なしの格好良さ。
仕事なのだから、感情は一切出さないのが、一般的には正解
なのかもしれない。
けれども、彼の削り取れない感情を貫くが故の、格好良さが見えた。
決してポジティブでも、幸福感のある感情でなくとも、
格好良く見えるのは何故だろう。
ネガティブであろうと自己を開く潔さ、だろうか。

垣間見える優しさが、本質を持ったものに見えた。
「感情をこめない」主人公から、人の持つ優しさを感じ取って、
私の心の中は温かい気持ちになった。

私は今、思うように人に会えないから、こうして時折
作品から栄養をもらいながら、自分の感情が枯れないように
したい。

友達のお勧めアニメ、見てよかったな。
作品の励まされながら、心を温めて乗り切るのも悪くない。

広告を非表示にする