湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

それぞれの熱さ

引きこもってばかりの私を、友人が連れ出してくれた。

体調が珍しく良かった昨日。
場所は、プロレス。
ある団体主催の、カレーを食べながらプロレスを鑑賞するイベント。

試合前にまずはカレーを食べる。
カレーを運ぶスタッフたちが、体格が良い。
腕の筋肉もきれいだな・・・そう思っていたら、
彼らは見習いの練習生だった。

 

試合開始のゴング。
試合を引き立てる絶妙のMC。必死の形相で立ち向かうレスラーたち。

あかんわー。
この距離で真剣勝負見ると、引きこもりでクサクサしていた気持ちに
響く。

首を骨折して、後遺症に悩む私。
マットに投げ出され、首や背中を打ちつけるレスラーたちを
見るたびに、恐怖が襲う。

でもね、鍛えているんだ、彼らは。
違うんだよ、やっぱり。
痛いだろうに、逃げないの。試合は続く。

熱い気持ち、こみあげてきた。
なんだか、自分がちっぽけに感じた。
単純に何も比べることは出来ないけれど、
彼らの日々の鍛錬を思うと、自分が小さく思えた。
ああ、自分は何もしていない。このままじゃいけない、
何か考えないと。

試合がひといきつくと、カレーを運んでいた見習い練習生の一人が、
今度のデビュー戦について、マイクで語りだした。

「人を感動させるレスラーになりたい」

主催者いわく、この見習いの彼は、若い頃にちょっと道を踏み外した。
プロレスを居場所と感じ、日々練習に励んでいる。
若い人たちの居場所を奪ってはならないと、主催者は息を吐いている。

四角いリングを見ながら、おいしいカレーをほおばりがら、
私は、人の熱い気持ちを確かに感じた。

見習い練習生。
リングに立つ選手。
彼らが続けられるように、場を続ける主催者。

見習い練習生は、客が店から出ると、ひたすらスクワットをしていた。
大変なこともたくさんあると思う。

彼のデビュー戦を見られるように、私も、怠けてばかりはいられない。
ちっぽけな自分だけど、「熱さ」出せるかな。

カレーとプロレス。予想以上に最高でした。

広告を非表示にする