湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

やさしさで反省

杖をついて地下鉄に乗る。

混んでいる時間は迷惑がられる。いつものこと。

舌打ちされたり、悲しい思いをすることが多い。

 

しばらくすると、珍しく座ることが出来た。

隣には、以前いつお風呂に入ったのかわからないような、

体臭がきつい男性が座っていた。


臭いがきついためか、彼の周囲からは人が少しずつ人が離れていった。

 

私は、立ったまま地下鉄に乗るのは無理な体調だったので、

臭いは正直気になったけど、隣に座り続けた。

正直、その男性の出で立ちに少し警戒をしていたと思う。

 

私が降りる駅が来た。

周囲の迷惑にならないように、邪魔にならないように、気をつけながら

降りようと立ち上がると、隣の男性(体臭がきつい方)が、

 

「だいじょうぶ?」

 

とてつもなく、やさしい、温かい声で、気遣ってくれた。

ちょっと今の私では再現できないほど、温かいトーンだった。

 

やさしい言葉がつづく。

「気をつけてかえってね」

 

心にストレートに響いて、やさしさがじんわりと広がり、

不覚にも地下鉄を降りたら涙が一筋こぼれた。

 

そのやさしさに、きちんとお礼をいえなかった私。後悔している。

その男性には、会釈をしてから地下鉄を降りたけれど、それが精一杯だった。

あんなにやさしい「だいじょうぶ?」は生まれて初めて聞いた。

 


お風呂に入っていない出で立ち、体臭がきつい、だとか

そんなことで何となく警戒していた自分を反省。

どのような理由でそうなのか、わからないのにね。



「だいじょうぶ?」ってことば、単純なようで難しい言葉。


あんなに温かいトーンで相手に伝えられる人、すごいな。

心からありがとう。

 

見知らぬ誰かのやさしさで、元気が自然に沸いてくることってあるんだね。

 

広告を非表示にする