湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

残り時間の選択肢

年齢を重ねた人たちの話を聞くと、各々、体の向き合い方に
価値観が違うということを感じる。

ある人は、日々の健康管理に多くの時間を使う。
名医や病院の評判に詳しく、
近い未来、自分が病気にならないように、少しの体調変化も見逃さず
すぐに病院に行く。健康に良いものは、臆せず、費用がかかっても
割とおおらかに試す。「今」を将来の健康に費やす価値観が備わっている。

またある人は、体調に問題があると感じても、病院に行く時間や
治療に割く時間を使うことを極端に避ける。そういう習慣がないまま
年齢を重ねたためか、何か他に理由があるのか、人それぞれではある。
自分は大丈夫だと妙に楽観的になっている人もいれば、寿命を感じ、
今のうちにやっておけることの選択肢に悩む人もいる。

その場合も、多くは最善の治療に時間を割くよりも、残りの時間を
自分らしく生きたいと願う人が私の周りには多い。


選択肢が人それぞれ。ここに書ききれないほど多くあるだろうし、
何が正解であるか、答えは一つではないだろう。
そもそも選択肢を持てるのは余裕があることかもしれない。


私は、今悩んでいる。
特に肉親や、自分が大切な人に対して、
『こうしてほしい』という気持ちが強く働いてしまう。
『なんで、こうしないの?』とイラつく場合もある。


相手の選択肢を尊重したい気持ちと、
自分が相手を心配な気持ちの間で葛藤してしまう。


本当は、誰かの選択肢を尊重する自分でありたいのだけど、
残りの時間を意識したとき、気持ちが追いつかない。

どれだけ心配でも、相手の選択肢を尊重し、
見守れる強い自分になりたい。

広告を非表示にする