湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

最高のレース

マラソンの野口みずきさん。

以前、野口さんが金メダルを取ったレース、テレビで見ていました。全身がバネみたいだった。
42.195kmを走り終えた後も、
もう一度すぐに走れそうなぐらいパワーが溢れていた。

時を重ね、野口さんは、昨日名古屋でマラソンを完走しました。

オリンピックで金メダルを取って、
度重なる怪我に苦しんで、
2年半前のマラソンを途中棄権して、
そして、昨日の完走。

私はスタートから、野口さんが無事に完走出来ることを
願って、ずっと見ていました。

途中で、涙ながらに走る野口さんを見て、
どんな涙なのか、辛いのか、悲しいのかと心配でした。

「記録はワーストだけど最高のレースでした」
「悔いはない」
そういって微笑む野口さんが最高に美しかった。
23位と負けた悔しさもありながらも、
スタート前とは違う、すっきりとした表情でした。


思うように体が動かなかったり、苦しい時期も
長かったと想像する。
マラソンをしていない私には、きっとわからない
想像を絶する苦労もあったと思う。

 
野口さんを見ていて思った。
苦しい時期が長く続いたとしても、
きっと、いいこともあるんだな、って。

 


昨日、野口さんが走る周りには、応援の声が溢れていた。
沿道からの声援、同じコースを走るカラフルな市民ランナーたちが、
手を大きく振り、体を大きく使って、野口さんに声援を送る姿が途切れない。
人々の声に、私は自然に涙が出ました。

すごい、すごいなぁ、って。
野口さんにだから向けられる声援。
周囲に自然にそうさせる野口さんだから、
あんなに美しい笑顔が出るんだな。


42.195kmを走る間、いろんな種類の
涙があふれたと思う。
けれども、30kmを過ぎたあたりからは
本人が花道と語るように、笑顔と万感の思いの
涙があふれたようです。

 

アスリートはものすごくたくさんいるけれど、
「悔いはない」そう言える人は、きっと一握り。
一緒に頑張ってきたスタッフも、幸せだな。

 


私は、野口みずきさんの今日のレースと
あの笑顔を、ずっと大切にします。

感動した・・・とか、簡単にいえないくらい
とっても心に響きました。ちょっと言葉に詰まるけど、
今の気持ちを書きとめておきます。

広告を非表示にする