湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

木村沙織 選手

2016.12.7 追記

 

木村沙織選手は、日本代表は引退表明したが、

Vリーグで現役生活を続けてくれた。

いてくれること、それが一番嬉しい。

覚悟をしないと試合が見れなかったとはいえ、

勝手に引退を覚悟していたあたり、ファンに方に申し訳なく思います。

ごめんなさい。

 

=====

 

 

 

あと1時間半ほどで、バレーボール木村沙織選手の試合がはじまる。

 

ファンとしては、そうなってほしくはないけれども、

この試合が木村選手の代表引退になる可能性がある。

代表引退だけではなくて、現役引退になるかもしれない。

 

いつかくるとは思っていたけれど、今、なんともいえない寂しさがある。

 

木村選手を春高バレーで見て、17歳で代表入りをしてからずっとファンだった。

愛くるしい笑顔、スイッチが入ると鋭く引き締まる眼光、美しすぎるスタイル、

という外見のみならず、

 

第一線でずっと活躍しながらも、一点一点を飛び上がって喜ぶ姿、

サーブレシーブのたびに構えを確認する姿、「基本が大切」、

「出来ないことを出来ないままにしておくのは格好悪い」といって

出来るようになっていること、数え切れないけれど

プレースタイルというか、競技との向き合い方に、格好良さを感じていた。

 

競技を少しだけ離れると、インタビューの受け答えに特徴があって、

ほんわかさせてもらったり、思わず笑ってしまったり、

バレーボールに真摯に向き合う姿と、インタビューの印象のアンバランスさが

私にとっては魅力だった。

 

ここ数年は、見ていてモチベーションが落ちているなと感じたり、もやもやすることもあった。でも、試合があると見たい気持ちはまったく薄れなかった。

 

ずっと第一線で活躍する中で、木村選手の努力がしっかり見える気がしていた。

すごい孤独だったり、一人で思い悩むこともたくさんあったと思うけれど、

木村選手は、いつもかわいらしい笑顔を見せてくれた。

 

ああ、積み重ねは、人をこんなに美しく、魅力的にするものかと感動していた。

バレーボールの面白さもたくさん教えてもらった。

 

私にとって長い時間、

「バレーボールのテレビ中継を見るイコール木村沙織選手を見る」だった。

 

感謝しかない。

見ているほうは、感動や感謝をたくさん受け取らせてもらってばかりで、

ただ、応援するしか出来ないけれど。

 

私に唯一出来る応援。

もう少しで始まる試合を、全力で応援するんだ。

ひとつひとつのプレーを大切に見たいと思う。

 

木村選手、気持ちよくスパイク打てるといいな。

勝敗を超えて、少しでも自分のプレーが出来るように心から願っています。

 

 

広告を非表示にする