湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

成績発表

ボロボロの成績でした。

本当に残念な気持ちしかない。

 

先生の「ある」言いつけに、どうしても抵抗があり、
従うことが出来なかった。

 

それを機に、突然、指導の先生とうまくいかなくなって、

何年もの間、何とかのらりくらりと超えてきたけれど、

 ずっと苦しかった。圧迫がすごくて、逃げ道を全部塞がれて、

いままでずっとそういう方法で勝ち残ってきた先生だから

太刀打ちできなくて・・・

 

どこかに、いつか「頑張ってよかった」と思える日が来たらいいな、

というかすかな望みがあったように思う。

甘いけど、苦しい後にはよいことが待ってる、

そう思いたかったし、そう思わないとやってられなかった。

 

でも、口答試験もひたすら「否定」、人間性を散々駄目出しされた

成績も、「最悪」

私が受けた評価は、今まで、どのように取り組んできた人が

受けてきた評価かと同等か、知っている。

未来のないもの。だからこそ落ち込む。

 

 

指導の先生とうまくいくことは、もう諦めていたけれど、

ここまで「人の好き嫌い」で評価や対応を変えてしまうことに

残念な気持ちしかない。

 

何年も取り組んで来たことに区切りを迎えるとき、

必ずしも「やり切った」とか「良かった」と思えることばかりではない。

それが何よりの今回の学び。

 

相手の評価はもう変えられない。

自分が、精神的に圧迫された状態で、それでもその環境で出来るだけ

出来ることを取り組んで来たこと、誰にも相談出来なくて

本当に逃げ場がなくてつらかった事、それをなんとかやり過ごしたこと

今は、自分を称えたい。

 

組織の中で、力のある人が、力のない人を力づくで思い通りに動かそうと

することの嫌悪感。誰しも経験したことがあると思うけれど、

今回は、どうしても、どうしても従うことが出来なくて、

こういう事態を招いてしまった。

 

未熟な自分と、

人を信用できない権力者のかみ合わない関係が招いた結果。

後味が悪い結末。

 

学びとしよう。

そして、期間限定で、しばらくクヨクヨしよう。

悔しいけど、これが現実。

 

 

広告を非表示にする