湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

世界選手権2014

真央さんの金メダル。全てが美しかった。
何の確信も無いけれど、ああ、これで真央さんは
一区切りをつけるのかもしれない、そう思った。
それほど、突き抜けた何かを、彼女は放っていた。


何かを続けることは難しい。好きではじめたことを
好きなままで続けることは、もっと難しい。
真央さんもインタビューで答えていたように、スケートが
嫌いになる時期もあったようだ。それでも、今回の金メダル
を手に「スケート最高」という真央さんの気持ちよさ。
今までの出来事や葛藤を一掃するかのようなシンプルな言葉に
心が動かされる。


彼女は人を引き付ける魅力を持つからこそ、
スケートに関わるいろいろな利害に深くからんでいる。
だからこそ、彼女のおもうまま辞めることは、簡単では無い。

世界選手権で見せた真央さんの輝きは、今の真央さんだから放てるもの。
誰のためでもなく、真央さんの輝きを放てる場所を選んで欲しいと切に願う。
それが、スケートでなくても、ずっと真央さんは心に残る選手となる。
世界選手権金メダル、本当におめでとうございます。

広告を非表示にする