湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

真摯な人

10年ほど前の文献を読んだ。

かなりデリケートで、批判も多い内容。

でも、丁寧に読んでみると、筆者は誰かを傷つけないように
いろいろと言葉を選んで、自分の主張を書いている。
批判を受けることは覚悟で、書いたのだろう。

とても感銘を受けたので、ある友人にも読んでもらった。

すると友人は、
「この文章を書かなければいけない状況だから、書いたのだろう。
書かずにいられなかったほどのことがあったのだろう。真摯な人だ」
と感想を述べてくれた。



<教訓>
文章を読むときは、できるだけ客観的、先入観を持たないように
気をつけよう。誰かの感想は、私と重なるとも限らない。


ただし、ある人(今回は、友人)の感想に、文章の魅力が
増すことがある。


結局は、バランスが大切。

友人の「真摯な人だ」との感想は、私にとって抜群の
言葉選びだった。そういう感想を持てる友人こそ、奥が深い。

精進せねば。

広告を非表示にする