湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

終わった

1月末に口答試験を受けた。

 

準備をしていた質問はひとつもかすらず。

ひたすら「否定」をされ続けた。

建設的な指摘も、厳しいご指導もないまま、

人格や方法論の否定が続く約1時間。

 

「喧嘩はしないように」

知人のアドバイスが効果的だった事態が2度ほどあった。

 

「試験」はとても悔しい思いが残った。

なぜなら、喧嘩をふっかけられたことも含めて、相手は私を評価するつもりが

なかったこと。ただ単に、相手の不満をぶつけられた感だけが残った。

「試験をした事実」だけが残った。

ベストを尽くしたい気持ちや、今までの積み重ねを思うと、

とにかく悔しさや残念な気持ちだけが残った。

 

試験が終わった開放感などは程遠く、何のために時間を重ねてきたのか

こんなことをやるためにここまできたのか、いろいろと感情が渦巻いたけれど、

 

終わった。

試験は終わった。

 

喧嘩を我慢した。

その事実をもとに、少し休んで次だ次!!

 

ぐだぐだ書いたけど、次!!

広告を非表示にする