読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

本: レインツリーの国

有川浩さんの作品。

 

身体に障がいを持った人に関連する小説は、

今までたくさん読んできましたが、今までで一番心に響きました。

障がい者を一人の人間として扱うという、簡単なようでなかなか

出来ない描写が、とても丁寧で、本を読みながら涙が浮かぶことも

多々ありました。

私が中途障がいを持ってから、うまく人に伝えられないもどかしさや

自分でも気づかない内側の「葛藤」を、この小説が表現してくれていると

感じる部分もありました。

すごいです、この作品。

 

メールのやり取りが冒頭から続くので、互いを表現する「ことば」は

一切ごまかしがききません。会話と異なり、自分の本意が伝わらなくても

すぐには訂正が出来ない緊張感があります。

障がいを持った人がそれを行い、出版するには、「人権」や「差別」

といった問題が絡むことで、表現には制限もあっただろうし

難しい面も多々あったと推測します。

 

変に美化することもなく、

実直で、

読んでいて気持ちよかった。

夢中で読んだあと、すがすがしかった。

 

「人それぞれ」

 

これからも、ことあるごとに手に取りたい良作です。