湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

ドラマ「母になる」感想

このドラマのファンの方がいたら、批判的で申し訳ないですが、
正直な感想を書きます。

 

 


製作側は、本当にこういう作品を作りたかったのか?

最初、誘拐のくだりから、小池栄子さんの過去を掘り下げるあたりまでは
丁寧な描写が見られる場面もあった。


でも、昨日の最終回を見て、

観ている途中で、残り時間が何度も気になる始末。

「そこじゃないでしょ」、他の家族の描写が長すぎた。

初回からの流れが、途中で迷走して、とっちらかって時間切れ。
そう感じてしまった。

結局、何を伝えたかったの?このドラマの軸はなんだったのか?

いろいろなエピソードが回収されないまま中途半端だったし、
残念な気持ちが残った。


脚本家の先生も好きだし、楽しみにしていた作品だったけど、
こんなに雑に描くなら、この題材を取り上げなくても良かったと思える。

別の家族の話よりも、誘拐された子どもの「気持ち」を知りたかった。
そう。終始、誘拐された子どもがどのような気持ちでいるのか、
観ている側には全く伝わってこなかった。


ただし、役者さんはインパクトがあった。
小池栄子さんの魅力を再確認。目に見えない心情を表現する器の大きさ。
孤独を表現するには最も魅力的な女優さんと感じた。

実の母との関係が、成人してもいつまでも根深く残る心情、
誰しも、どこか心当たりがあるのではないだろうか。小池さん、すごかった。


中島裕翔さん、藤木直人さんは、「巧いな」と思える場面が何度もあった。
特に、藤木さんは、初期のやつれ方が秀逸だった。

振り返ると、演者さんの魅力は表現されていることが、せめてもの救い。

脚本が面白く、時間を忘れる作品に、次は会いたい。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする