湿気の無い晴天が好き

日々のつぶやきを、のんびり、まったりと書きます。

感じていること、考えていること

前向きじゃなくても許して

「障がいがあるのに、前向きに頑張っている」「病気を克服して、今、○○をしている」そういう話って、脚光を浴びがち。メディアでも、ネットでもよく見る話。で、反応として、「そんなあなたから勇気をもらいました」「私も頑張ろうと思います」という流れ、…

4月の新生活

多くの知人、友人が4月から新しい環境に身を置いた。新しい風を、その人たちから感じる。とても嬉しい反面、正直さびしい。自分は、停滞感というか、変わらない毎日を過ごしている。変わらない毎日の中で、誰もがそうかもしれないが、いろいろな問題が起こっ…

「嫉妬しています」と言われた

何度も書いて申し訳ないけれど、慢性的に体調不良です。原因は交通事故。首の骨折。約束、守ろうと思っても守ることが出来ない場合が多いです。体調を理由に、人が離れていくことも多いです。私と行動を共にすると、きっと多くの人は行動が制限されると感じ…

スキルアップを感じてうれしくなる

以前、スポーツの解説者によって、そのスポーツを見る際の面白さが変わる・・・と書いた。書いたとき、『私にとって、この解説者は、面白くないな』と感じた解説者がいた。今日、たまたま、その解説者の解説を聞く機会があった。スキルアップしていた。以前…

いい人と出会い、自然な変化を

良いインタビュー記事があったので、おぼえ。自分で変わろうとするのではなく、 いい人と出会って自然な変化を期待する。いい人と出会うと、確かに、いろんな循環が良くなるし、 何かが出来そうな気がしてくる。身をゆだねる強さがほしいな。>人はその都度…

打ち明け話、増える

ここ数年、確実に増えたのが、誰かからの「実はね」という打ち明け話。実はね・・・病気の話だったり、悩んでいることだったり、気持ちの浮き沈みだったり、いろいろ。特に多いのは病気や怪我の話。相手いわく、「気持ちをわかってくれそうだから」私はいつ…

それぞれの熱さ

引きこもってばかりの私を、友人が連れ出してくれた。体調が珍しく良かった昨日。場所は、プロレス。ある団体主催の、カレーを食べながらプロレスを鑑賞するイベント。試合前にまずはカレーを食べる。カレーを運ぶスタッフたちが、体格が良い。腕の筋肉もき…

立派な先生が何だよ

中途障がいを持った自分の心理を聞きたいと、ある大学の先生が話を聞きにきた。本音でしゃべれと言われたので、思うままに話した。すると、相手は自らの描く障がい者という枠に、私を当てはめようとした。わけのわからない理論で、聞いたこともない「有名な…

また隣で見よう

ミュージカル、大好きな演目を鑑賞。同じ演目を10年くらい前にも鑑賞。演者、演出、会場も変わった。けれども、隣で見る友人は同じ。お互い年齢を重ねて、いろんなことがあって、でも、同じ演目でホロッと涙が流れることは変わらず。これからまた何年か経過…

あっという間、いつもどおり

無意識で日付を書くと、まだまだ2014と書いてしまう。新年明けたすがすがしさも、あっという間に10日が過ぎる。早いね、あれ?何してたっけ?早過ぎないか。何度経験しても、年末年始のワクワク感や、年末の「今のうちにやっておこう」感に慣れない。ちょ…

年の終わりに富士

白くくっきり、美しい富士山を見ることが出来ました。私にとって富士山は、眺めているだけで力が沸いて来る、安心出来る大切な山。稜線に雲ひとつない富士山をゆっくりと眺めながら、一年を振り返りました。昨年も、体調のことでたくさんたくさん悩んだ一年…

疲れたことを認める

自分の気持ちが疲れていることを、どこかで認めたくない気持ちがありました。体調が悪くても、何か一つでも出来ることがあるのではないか、やってみたらやれるかもしれない、気持ちを前向きにもっていけば動けるかもしれない。そんな風に工夫したり気持ちを…

マニュアル通りにもほどがある

久しぶりに一人で外出 ^^ やったぁ!!用事があり、差し入れのためにドーナツを40個買った。「店内でお召し上がりですか?」フードファイターか、私は。面白いなぁ。やっぱ、外出すると楽しい^^

会いに行くよ

「会いに行くよ」このひとこと、嬉しかった。海外で仕事をしている友人が一時帰国。仲間うちで飲みに行く話しが出た。こういうとき、私は体調の巡り合わせで行けない場合が多い。今回も無理だった。いつものことだ、仕方ないと思っていた。すると、本人から…

解説が聞きたい

あるスポーツをテレビで観戦していて、解説者の話し方が気になりました。まだ不慣れな様子。それが魅力になる場合もあるので経験値は問いません。けれども、解説を聞く時間を重ねれば重ねるほどなんとなく違和感が募る。で、気づきました。解説者は、解説と…

どこまで知らせるか2

(どこまで知らせるか1 のつづき)そんなことをボチボチ考えているときに、ある知人から長文メールが届きました。長すぎて、内容がよくわからず、途中で休憩しながら読みました。内容は、 ・病気が見つかった ・命に別状は無い ・詳細は未定。わかったら連…

どこまで知らせるか1

自分が慢性的な体調不良を抱えているため、自分以外の人に対して「どこまで」自分の症状を伝えるのかいつも迷っています。症状は、現在の医学では良くなる方法がないため、その時に起こった予測できない症状に対して、一つ一つ対応策を探し、やり過ごしてい…

誉め言葉は「たたずまい」

最近、誰かが他の誰かを誉めるときのキーワードに興味がある。「たたずまいが良い人だ」この誉め言葉、なかなか出ないと思った。こんな素敵な誉め言葉をもらう人に、是非会ってみたい。こんな素敵な誉め言葉を選ぶ人に、また会いたくなる。

作品に励まされる

季節の変わり目、体が動かず、療養の毎日。元来動きたがりの自分にとっては、我慢の連続。そんなとき、友人から薦められたアニメを見てみた。とても感動した。主人公は感情を持ってはならない仕事をしている。仕事の時には感情を出さないように、極力「合理…

いつもの先生

治療でお世話になっている先生のことば。「日常生活の中で、お金をかけなくても、特別なことでなくても、些細なことで、まだまだできる事はたくさんある」まずは、外出出来ない体調の日は、日差しに当たってみることにした。

まるっと9ヶ月

まるっと9ヶ月、悩みに悩んでいたことが、やっと自分の中で消化できつつある。とっても重く苦しい悩みだから、100%除去!ってわけには いかないけれど、やっと少しずつ呼吸を吹き返してきた自分がいる。 たくさんダメージを受けたから、ゼロどころか、…

見てるんだ

10年くらい前から、「損な役回り」をしていた仲間(以下、彼)がいた。口が上手い人に美味しいところを持っていかれ、 誤解されたり、憎まれ役にされたりしていた。 恐らく、妬みもあってのことだと想像する。 「損な役回り」の彼は、正直で誠実。でも口下…

ないものねだり

比べても仕方がないけれど、身近な存在の人と自分を比べてコンプレックスをモリモリにしちゃうことって、ある。その相手が、実は私に対してコンプレックスを抱えていることが判明。お互い様だったんだね。本当に驚いた。頑固な部分はそっくり。 似ている部分…

20代の思い出

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。 A goal without a plan is just a wish. 星の王子様 より 『星の王子様』 久しぶりに読み返した。すると、今だから響く言葉があった。 20代の頃、自分にとって人生最大、再深の恋をした。5年ほど付き合った相…

悔しい

障がいをもって、出来なくなったことが、たっくさんあります。 「そんなことも出来ないんだ」と言われることが、たくさんあります。 正直、悔しくてたまらない。頭にきます。 努力しても出来ないこと、体の機能が消失してしまったこと、 どうにもならないこ…

出来る事

ギリギリの人だから出来ることがあるらしい。木皿泉さんの脚本、大好きです。

信じるということ

誰かを信じて、覚悟を決めるって、 結構難しい。 でも、覚悟を決めて信じた気持ちを持てるって 人を強くするかも。

もろさ

しばらく前に、二人連れの女性から言われた。「あなた(私のこと)は体調に問題があるから仕事が出来ない」「でも、私たちは(二人連れの女性のこと)出来るのよー」「仕事できない人ってみじめだよね」「でも私たちは出来るもんねー」強く結ばれた同盟みた…

次に進むためにも

しょっちゅう言われる「次に進むべき」という言葉。私は、今のままでいい。今のまま、今を大切に。それって悪いこと?次に進むためにも、「今」を楽しみたい。それだけ。

地に足のついた人

20歳ほど年下だけど、どっしり構えていて地に足のついた安定した気持ちの持ち主がいます。学生生活の同期で、半年に一回くらい、話し込みます。今日久しぶりに話をした。彼女は先週、本人的に大きな決断をして、誰かに話を聞いてほしいモード。私は、気持ち…